【第1回】日本の大手旅行会社ランキングTOP10!! 【#就旅】

#就旅

こんにちは、ごまみです。

職活動で、行会社・観光業界を目指している方に向けて
#就旅 のハッシュタグで情報発信をしていきます^^



2020年はオリンピックの開催等で日本が盛り上がる・・・はずだったのが
なんと県をまたぐことさえ憚られる一年になるだなんて全く想像出来ませんでした。
自粛期間を経て、多くの方のやりたいことの上位に”旅行があるのではないでしょうか。
最近はGO TO トラベル でまたその熱が加速しています。

そんな観光業界にいる私は、“旅”のチカラを強く信じている内の一人です。
就職先希望アンケートでも上位にランクインする、観光業界。
今年の採用活動はかなり縮小されてしまっていますが、
どうか熱意のある、優秀なあなたにこの業界に来て欲しいのです。

また、国内旅行が再び注目を浴びるいま、改めて旅行会社や
日本の観光を取り巻く実情についてお伝えさせてください^^

~ごまみのプロフィール~
四年制大学 英語専攻 卒業
新卒で旅行会社に就職
訪日インバウンド旅行に携わる
結婚、出産
時短で職場復帰 ←NOW

第一回目は、日本の大手旅行会社の規模をランキングで紹介します!
GO TO トラベルの旅行会社選びの参考にもなれば嬉しいです。

日本に旅行会社は何社ある?

答えは・・・約1万社

このうち94%が、従業員数20名以下。
6%のみが、大手・準大手といわれる旅行会社です。

旅行業者の推移 | JATA
日本旅行業協会は、旅行される皆さまの楽しく安心できる旅行の実現のため、世界旅行博の開催、キャンペーン情報の提供や、苦情の相談等に応じています。

代表する旅行代理店は?

観光庁はこのうち48社を「主要旅行業社」として主な統計などを発表しています。

令和元年発表の取扱額ランキング上位10位は??

それではランキング発表します!
是非TOP3を予想してからご覧ください⭐︎

1位 JTB(12社計)

【独立系】(元国営) 【通称】JTB(ジェイティービー)

言わずと知れた、業界NO1企業です。
海外グループ企業も多くあり、世界でも有数の巨大旅行会社です。

就職志望企業アンケートでも上位常連のJTB!
実は非上場企業ってご存知でしたか??

いわゆる旅行事業だけでなく、るるぶに代表される出版物の発行や、ITなど、
幅広く観光に関わるグループ会社がありますので、受験時要確認です。

2位 KNTーCTホールディングス(13社計)

【電鉄系】近畿日本鉄道  【通称】近ツリ/近ツー/KNT(けーえぬてぃ)

近畿日本ツーリストクラブツーリズムによる合弁会社です。
読み方はきんきにっぽんツーリストなので、受験する就活生は要注意。

旅行会社日本最初の上場企業。
修学旅行専用列車を日本で初めて走らせたことなどから、団体旅行に強い

クラブツーリズムは、ご高齢の方向けの独自のツアーや、バリアフリーな旅行への取組が人気です。

3位 日本旅行

【電鉄系】JR西日本 【通称】日旅(にちりょ)/NTA(えぬてぃーえー)

実は、日本旅行が日本最初の旅行会社なんです!
創業110年を突破しています。

発祥は滋賀県ですが、のちに本社は東京に移されています。
JR西日本が主要株主ということもあり、JR西日本の多くの駅前に店舗があります。

赤い風船“に代表される国内の個人旅行が強み。

4位 エイチ・アイ・エス

【独立系】  【通称】HIS(エイチ・アイ・エス)

交通系のバックアップがない、独立系の旅行会社です。
ヒデ・インターナショナル・サービスから名付けられたHIS。

最近までベンチャー企業というイメージが強かったですが、もう立派な大手旅行会社ですよね。
強みはもちろん、格安航空ツアー

ハウステンボス立て直しなどでも脚光を浴びました。

5位 阪急交通社

【電鉄系】阪急阪神ホールディングス 【通称】阪急

阪急電鉄と阪神電気鉄道の航空代理店業務に経緯を持つ。
新聞広告やインターネットなどのメディア通じて通信販売するブランド”トラピックスを有する。
経験豊富な添乗員付きツアーが人気で、人気添乗員さんによる企画ツアーがあるほどガイドに定評があります。

6位 JALパック

【航空系】JAL 【通称】JALパック(じゃるぱっく)

第二次世界大戦後翌年、1965年に日本初の海外パッケージツアーを企画。
最近の話題は、航空+ホテルを時価で販売するダイナミックパッケージ(DP)
海外向けサイトにも注力しており、訪日インバウンドにも積極的に力を入れています。

7位 ANAセールス

【航空系】ANA 【通称】ANAセールス

航空セールスと旅行の両翼でビジネスを展開。
2018年から『ANAトラベラーズ』の名の下、謎解き✖️旅行ドローンでの撮影サービスなど
新しい試みを多様なブランドを揃え発信しています。

8位 東武トップツアーズ

【電鉄系】東武鉄道 【通称】東武トップ

旅行業界ではKNTに続き二番目に上場した企業。
日本に旅行会社では唯一SDGsの実現に向けて、国際グローバルコンパクトに署名しています。
東京スカイツリーなど、東武グループのネットワークを活かした旅行も企画している。

9位 ジェイアール 東海ツアーズ

【電鉄系】東海旅客鉄道(JR東海) 【通称】JR東海

JR東海とJTBの共同出資会社。
東海道新幹線を中心とするパッケージツアーを主に企画。
パートナー制度という、留学や出産等で退職した場合も3年以内であれば、面接試験により復職ができる制度を持つ。

10位 名鉄観光サービス

【電鉄】名古屋鉄道 【通称】名鉄観光

名古屋に本社を置く旅行会社。
「旅行」と「国際貨物」の2事業を展開。
オーケストラの海外遠征の際で楽器を輸送するなど専門性の高い事業を展開。

その他注目の旅行会社の形態

旅行大手では、電鉄系航空系が強いことがよく分かりますね。

他にも、他業種の大企業内にある旅行会社、”日立トラベルビューロー”、”トヨタツーリストインターナショナル”や

最近勢いのあるオンライントラベルエージェント(OTA)など、様々な個性を持った旅行会社がたくさんあります。

https://www.mlit.go.jp/common/001360018.pdf

東京2020オリンピック・パラリンピックの旅行サービスパートナーは??

3社あります。
スポンサーは、1業界1社が原則ですが『観戦+観光』の促進を目的に3社が選出されました。

その3社とは・・・

JTB ・ KNTーCTホールディングス ・ 東武トップツアーズ

1位、2位ときて、8位の東武トップツアーズが入ってくるのが意外ですよね。

予想は当たっていましたか?

知名度とランキングが一致しているような、していないような・・・?

決して規模が大きいから就職に良い!ということを言いたい記事でないことはご理解ください。

社風やメイン事業にも各社かなりの違いがあります。

企業研究の第一歩として参考になさってみてください・・・^^

気になる企業があれば是非利用してみてくださいね♪

また次回もご期待ください!

コメントも是非よろしくお願いします🤲

コメント

タイトルとURLをコピーしました